×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

お料理簡単レシピ集



■9ページ■   松茸ご飯   ゴーヤと卵の炒め   焼き松茸の和え物   小松菜と油揚げの煮浸し   里芋と蒟蒻の煮物
  焼き餃子   牛すね肉のポトフ   メニューページへ戻る

松茸ご飯 ゴーヤと卵の炒め 焼き松茸の和え物 小松菜と油揚げの煮浸し 里芋と蒟蒻の煮物 焼き餃子 牛すね肉のポトフ 簡単お料理レシピ




松茸ご飯




※炊飯器で、簡単にできます。
***材料・3合分***
お米・3合。塩・小さじ1。昆布・1枚。松茸・2〜3本。醤油・大さじ1。酒・大さじ2
***作り方***
@お米は、普通に洗って、炊飯器の内釜にいれ白米を炊くときと同量の水をはっておく。昆布は、さっと洗っておく。
A松茸は、さっと洗って石づきを切り落とし薄切りにして、酒と醤油をふりかけておく。
Bお米の吸水が終わったら、塩をいれ、Aで松茸にふりかけた醤油と酒(松茸は、炊き上がったときに入れます。)を入れ、塩が固まらないようさっと混ぜて、昆布をのせ、炊飯器にセットして白米で炊く。
C炊き上がったらすぐにふたを開け昆布を取り出し、Aの松茸をなるべく重ならないように均等に手早く並べ、ふたを閉めて10分(弱)蒸らす。
D時間が経ったら、再びふたを開け、しゃもじで上下を返すように・・さっくりと混ぜて出来上がり。
※調味料の加減は、お好みでどうぞ。

BACK







ゴーヤと卵の炒め




***材料・2人分***
卵・2個。ゴーヤ・半分。サラダ油・適量。ごま油・少々。醤油・適量。
***作り方***
@1本のゴーヤは、縦半分に切り、中の白い綿と種の部分をスプーンで綺麗にこそげとり、厚さ3mmほどにスライスする。
Aボールに卵を割り、醤油をお好みの量加え、菜箸で空気を入れるように混ぜておく。
B強火のコンロにフライパンをかけて、サラダ油を適量いれ、フライパンを回して油を回す。
C温まってきたら、@のゴーヤをいれ炒め火が通ったら、Bの卵を回し入れ、さっと混ぜて卵に火が通ったら、香り付けのごま油を少々加え、さっと炒めてできあがり。

※ゴーヤの苦味が苦手なとき・・・
スライスしたゴーヤに、塩を満遍なく振りかけてしばらく置き、塩分を水で流して使ってください。苦味が少し消えます。(塩を振ったときに、揉まないように・・・水分は、自然に切る(絞らない)と、ヨレヨレになりませんw)

BACK








焼き松茸の和え物




***材料***
松茸・5〜6本。はんぺん・1枚。麺つゆ(濃縮)・適量
***作り方***
@松茸は、さっと洗って(洗わずにフキンで汚れを払い落とす・・・とか、聞きますけれど、ヤッパリなんかバッチぃですよね^^;)乾いたフキンで水気を拭き、石づきを切り落とし、適当な大きさに手で裂き、網焼きにします。
Aはんぺんも狐色がつくくらいに網焼きにして、松茸の大きさにそろえるような感じで包丁で切ります。
B@とAをボールにいれ、和えて麺つゆで味付けをして、お皿に盛ってできあがり。

BACK








小松菜と油揚げの煮浸し




***材料・4〜5人分***
小松菜・1束。油揚げ・1〜2枚(お好みで)。倍に薄めた麺つゆ・3カップ弱位。
***作り方***
@小松菜は、良く洗い、4cmくらいに切る。
A油揚げは、火であぶり少し焦げ目をつけ、2cmくらいの短冊切りにする。

↑…トースターで焼いてしまうと簡単ですw(アルミホイルを敷きましょう。)
A鍋に薄めた麺つゆを入れ、沸騰したら小松菜と油揚げを入れ、小松菜が茹で上がったら汁ごと器に盛って出来上がり。(麺つゆの濃さは、お好みで加減してください。)

BACK








里芋と蒟蒻の煮物




***材料・4〜5人分***
里芋・500g。蒟蒻・一枚。醤油・50cc位。砂糖・大さじ1位。みりん・大さじ2位。
***作り方***
@里芋は、泥をたわしで落とし、皮をむいて食べやすい大きさに切り、塩を少々振ってぬめりを取り洗う
A蒟蒻は、手で一口大にちぎり熱湯をとおす。
B鍋に@とAを入れ、ひたひたの水を入れ調味料を全て入れ、煮立ったらアクをとりながら2〜3分煮て火を弱め、里芋が柔らかくなるまで煮て、出来上がり。

BACK








焼き餃子




***材料・市販の皮1袋分***
豚挽き肉・300g弱位。キャベツの葉・2〜3枚。にら・1/2束。ごま油・小さじ1。塩、胡椒・少々。サラダ油(焼くとき)
***作り方***
@キャベツとにらをみじん切りにして、ボールの中で、ひき肉とごま油と塩、胡椒とで、よく練り混ぜる。
A混ざったら、餃子の皮に包む。(ヒダを寄せながら包むと、綺麗です。)

B蓋があるフライパンを熱しサラダ油を敷き、餃子をすぐに並べ始め、(火力が弱い所から並べると均等に焼け焦げがついて良い)餃子の底面に焦げが出てきたら、餃子の高さ半分かぶるくらいの水をそそぎ、蓋を閉める。火加減は、そのままか、火力が強すぎれば少し弱くする。・・心配だったら時々蓋を少しずらして中をのぞいても平気ですョ。(水は、このくらい。。急に沸騰するので気をつけて・・)

C湯気が出なくなってしばらく(2〜3分)したら出来上がり。蓋を開けてフライパンのそこが焦げていれば、カリカリっとした餃子の出来上がり。


BACK








牛すね肉のポトフ




たまには・・・コトコトと、、時間をかけてゆっくりと煮込んでみましょうか^^

***材料(4人分)***
牛すね肉・800g。ジャガイモ(メークイン)・中4個。玉ねぎ・2個。にんじん・1本。キャベツ・半分。 トマト缶詰・1缶(ホール、ピューレでもお好みで)。ローリエの葉(別名:ベイリーフ、月桂樹の葉)・2枚。コンソメ・4個。サワークリーム(お好みで)。
***作り方***
@牛肉は、一口より大きめに・・人数分に分けやすいよう切る。
お鍋に、牛肉と肉がかぶるくらいの水とローリエを入れ煮る。沸騰してきてアクが出だしたら、丁寧にアクをとりながら肉がある程度柔らかくなるまで1時間30分〜2時間ほど煮込む。(あくは、沸騰してから最初のうちしかでませんので、それほど大変ではありません。
A肉を煮込んでいる間に、ジャガイモは皮をむいて丸ごとのまま。(男爵いもの場合は、皮をむいて水にさらしておくと煮崩れしにくくなります。)玉ねぎは、皮をむいて、縦半分か、4分の1まできる。にんじんは、皮をむいて、縦に割ってから適当な大きさに切り、面取りをする。キャベツは、縦に4等分に切る。(芯のところを少し残しておくと、似てる途中で崩れません。)
B@のなかに野菜ぜんぶと、トマトの缶詰を汁ごとと、コンソメを入れ、材料がかぶるくらいの水をいれて、中火か強火の弱め程度で煮る。煮立ってきたら、火を弱め、丁寧にあくを取りながら野菜がやわらかくなるまで煮込む。(途中、沸騰させないこと。かきまわさないこと。)
C肉も野菜も柔らかくなったら、できあがり。
 お皿に盛りつけ、お好みでサワークリーム等をトッピングします。


BACK



mikozweb






楽天ランキング
総合1位

楽天ランキング
総合2位

楽天ランキング
総合3位






mikozweb